肌のバリア機能を改善する、勇心酒造の『バリアケアNo11』


初夏の日差しを感じられる季節になりました。こんにちは、ゆいリビングスの高井です。
この季節は気持ちが元気になる一方で、肌トラブルで少し暗い気持ちにもなりがち。急に強くなった紫外線の刺激を受けて、かゆくなったり、ヒリヒリしたり・・
これをきちんと今、回復しておかないまま盛夏に突入すると、さらに強い日光や汗などのせいで目も当てられないことになりそう。
今回は、そんな今が節目の元気のないお肌を、みずみずしさをたたえた健康なものに立て直してくれる、とっておきのスキンケアをご紹介いたします。

お肌に本来備わった力「バリア」

じつはお肌は本当に元気なら特になんのお手入れをしなくても、自然なうるおいを見せてくれるもの。それは肌本来の機能でもあるバリア機能のおかげだそうです。というのは人間の皮膚は拡大してみると、すべすべの肌でもじつはすきまだらけで、一見いろいろな刺激物質が入ってくるように思えます。それを防いでくれているのが身体の内側から自然に分泌される皮脂や表皮に宿る水分などで、これらが自然な防御膜(バリア)のような役割を果たし、アレルゲンなど刺激物質の侵入を防いでくれているらしいのです。まさに人体の脅威!

しかし、現代はエアコンがあらゆるところに行き渡り、特に冬の間は四六時中乾燥した空気にさらされるようになりました。それは表面のデリケートなバリアをいやおうなく吹き飛ばしてしまいます。また睡眠時間の十分とれない、不規則でストレスが多い生活を続けていると皮脂の分泌を出す力も徐々に弱まり、果ては全く出なくなってしまいます。
もうこうなると肌は、例えれば水を上げてひび割れた地面に広がる、冬の田んぼのようなもの。むき出しになった割れ目から刺激がどんどん飛び込んでかゆみがとまらなくなり、どうしても掻いてしまいます。そうするとさらに表面は傷だらけになり、さらにひどくなるという悪循環になります。これだけは避けたい・・

バリア機能を高めるには?

では、バリア機能を高めて健康な肌を保つにはどうすればいいのでしょうか?もちろん、バランスのとれた日常でストレスを心身に過剰にかけず、ぐっすりと睡眠をとって肌を休めるのが一番です。でも実際にはなかなかそうもいかないですよね。
そこでまずスキンケアを見直しましょう。肌本来の力に働きかける自然なやり方で根本から改善するのです。今回ご紹介する勇心酒造の『バリアケアNo11』こそそういったスキンケアを実現してくれます。
この品は厚生労働省から「医薬部外品」の新規有効成分の認可を受けた『ライスパワーエキスNo11』をたっぷりと配合しています。「新規」有効成分の認可というのがなかなかにないこと、つまりあたらしくつくったこの成分に効果があるということのお墨付きを国からもらったということなのです。
その効果というのが、角質層を超えて肌の細胞が生まれる「基底層」までしっかり浸透。肌細胞を活性化させて内側からセラミドをつくり、肌の『水分保持能』を改善すること。(肌の水分保持能とは、肌そのものが水分をキープする力を言います)分かりやすく言うと、外から補うだけでなく肌の内側に働きかけて、皮膚が持つ本来の力を取り戻すというところです。
もともと、この製品の原型にあったのは同じ会社のライスパワーNo11をつかった「アトピスマイル」というアトピー皮膚炎の改善に効果のあるクリームでした。徳島大学の先生と一緒に開発したというそのクリームは、ステロイドなどの軟膏との併用も可能で、乾燥系のアトピーを持つ人に絶大な支持を受けています。そこから健常肌のスキンケアのためにあらためて開発したのがこの品。アトピーでガサガサになり、果ては赤黒くなってしまったような肌を普通の状態の肌に改善してきた成分なので、通常のお肌を元気にできることなどはある意味当たり前なのです。
バリア機能の弱まったダメージを受けやすい肌から、皮膚水分保持能の高まった刺激に負けない肌へと改善させることのできる世界で唯一のこの成分。じつは有名メーカーの製品にもこのエキスを配合したものが多く発売されていますが、なんといってもこのライスパワーエキスを開発した本家本元の勇心酒造の品物をつよくおすすめします。メーカーの人によると、「数値は言えませんが、エキスは『たっぷり』入っています」とのこと。まあ、なにせ自分たちのところで作っているわけですから・・

ライスパワーエキスの開発元「勇心酒造」

『ライスパワーエキス』を生んだその勇心酒造は名前の通り、もとはお酒の会社。今から165年前、安政元年創業の香川県の老舗です。売り上げのほとんどがスキンケア素材になった今でも酒づくりは続けています。
醸造の研究者である社長がお米と日本古来の微生物を活かした発酵技術の可能性を深く探るうちに、酒造りの杜氏の手がツルツルときれいなことからスキンケアの活用法があるのではないか、と研究がスタート。
結果、国産米から発酵抽出された成分にセラミドを増やす作用があること、天然素材であるお米が原料のため肌が弱い人にも使えることがわかり、当時社会問題化していたアトピー患者の急増に役立てたいという強い思いから製品開発に成功。
麹菌・酵素・乳酸菌といった、自然界に存在する微生物の力を利用し、お米100%、それも糠(ぬか)ではなく、白米の部分のみのエッセンスを90日間ゆっくりと大切に発酵、熟成させてつくられています。なんといっても人の持っている機能そのものを健康に導き、安心で安全な成分ということが一番の魅力。もともと身体に備わった力を引き出し、改善していきます。
酒蔵としての100年以上の醸造発酵技術の積み重ねに、30年以上もの研究開発を経てようやく生み出されたのが『ライスパワーエキス』。想いをかたちにするまでには、だまされたり、先祖伝来の土地をほとんど売却しなければならなかったりと大変な苦労があったということですが、それを乗り越えて、いまでは世の中にどんどん広まっています。
当店でも前身の店舗からはじめて20年以上販売していますが、いまでも新製品が出なくても愛用者が増え続けている奇跡のような商品です。

ご使用にあたっては洗顔後すぐにお使いいただくのがポイントです。
洗顔の後、2~3プッシュを手のひらにとり、顔全体、首すじになじませます。
顔を包み込むように手のひらを密着させて、しっかり浸透させましょう。乾燥が気になるところには重ねづけを。デコルテにもご使用いただけます。
また肌細胞は夜に活性化されるので、夜はたっぷりお使いいただくのがおすすめ。
使い心地はすーっと伸びが良く、べとつかずこれからの気温の上がる季節にも気持ちのいい軽いタッチのミルクタイプ。使用してすこし時間がたつと落ち着いてきて、肌がほっとしていつような自然な効果感があります。
「肌を良くすることは人生を良くすること」ともいわれます。少し先まで見据えて身体が本当に喜ぶスキンケア、はじめてみましょう。

バリアケアNo11
40ml 4,968円(税込)

勇心酒造株式会社

安政元年(1854年)創業の造り酒屋からスタートした勇心酒造は、香川県の豊かな自然に寄り添い、お酒造りを行ってきました。お米や菌、天候といった自然の条件を繊細に絡み合わせることで成り立つ醸造発酵技術。お米の新しい可能性を引き出すことを目指し、『ライスパワーエキス』を研究・開発しています。

リンク:http://www.yushin-brewer.com

読みもの

2019.08.22 イベントレポート

贈り物に心も添える
水引飾り講習会

2019.07.15 イベントレポート

幸せをキャッチ!
紫陽花のホースシューリースつくり講習会

2019.06.17 イベントレポート

木の温かみと豊かな時間
自分だけの食器を作るカトラリー講座

真結の旅

私達がつくる“いまだかつてないバス旅”、 それが「真結(ゆい)」であり、風呂敷の結び方である“真結び(まむすび)”から由来したものです。 “本物”の旅を身体と心で感じていただき、そしてその感動をお客様が共有(結びつき)していただける“こだわり”のツアーブランドです。 観光地やお食事、そしてお宿と、“こだわり”だからこその工夫や心づくしを凝らしますが、決して“本物”=“高級”ではなく、質素な中にも“本物”を追求した旅程を、経験豊かなプランナーがご提案いたします。