気軽に気持ちを伝える「一筆箋」


そろそろ年の瀬。
お世話になった方とのやり取りが増える年末年始に提案したいのが、便箋よりかしこまらず気軽に使える一筆箋。
「ひとこと気持ちを添えたい」と思った時に、便利なアイテムです。
相手に気持ちが伝わる、手書きならではの一筆箋と、同じ柄でそろえたい封筒が入荷しました。

伝統技法を用いた落水紙。抄きたての和紙の上からシャワーをあてて水の模様を和紙に施した美濃和紙。
この時期にふさわしい3つの柄をご用意しています。

麻の葉模様

無限に柄がつながっていくことから人とのご縁が無限につながりますようにと願いが込められています。

七宝模様

幾つもの輪が互いに交差して無限につながる輪ということから、人と人とのご縁(輪)が広がるよう願いが込められています。

若松菱模様

松は常緑であることから常緑木と呼ばれ、古くから吉祥樹とされています。